真面目に考えてみた。
2017/06/24(Sat)
「秘密」の、四大「いくら考えても意味(真意)わからない言動」。
挙げだしたらキリがないので、とりあえず順不同で個人的に重要度高い4つ。

①青木が、帰ったら伝えようと思ってたことを(雪子さんには言えるくせに) 「しゃべれなかった しゃべらなかった あの人に」なのは何故か
②手紙の内容を人前で言えなかった青木に対する薪さんの微笑み
③「なぜ気づかない、お前が一番手のかかる家族だ」
④12巻の「待っているから」

season0になって、薪さんが比較的素直に感情を表に出すようになったり、人間らしく良い方向へ変わった感はあるけど、まあ根底のところは変わらないので相変わらず何を考えてるのか全然わからない。(分かるような書き方を清水先生がしてくれない)

真面目に考えて考えて、自分なりに納得できる答えを出してみて、でもその後に異なる見解の考察を見かけたら、そちらも同じぐらい納得できるので揺らいで悩んでしまう。
めちゃくちゃ長くなるのでネタがなくなった時に賑やかしに書きます。


あと、上の4つとは別に、あまり深く考えようとしなかったので特別気になってたわけではないけど、きちんと分かってなかったこと。
鈴木さんを亡くしても、さらにあれだけ様々な辛い思いをしてまでも、薪さんが室長として第九に残り、第九の仕事を続けてきた理由。
可視光線での、桜木さんの「死んだ人(鈴木)の名誉を守るために、お前は一人で第九をひっぱってきたんじゃないのか」というセリフで、そこで初めて、ああそうなんだ、と理解できました。

それだけが理由の全てではないかも知れないけど、でもその思いが根底にあり原動力で。
それを分かってた桜木さんがすごい。
しかも鈴木さんのこと「この世で一番大切な人」って言ってるし、あんたどんだけ薪さんのこと見てたの逆にこわい。

だって、大切な人を自分の手で殺めた、その現場で毎日仕事するなんて、どんだけメンタル強いの薪さん・・・って思ってましたよ最初。
読み進めるにつれ、メンタルどうこう以前に、色々めちゃくちゃ辛いはずなのにどうしてこの仕事を続けるの・・・どうやってその精神状態保ってるの・・・って信じられない思いだった。
だから、もう自分がいなくても第九は生き続けると確信できたあの時、もう自分が消えても(死んでも)構わない、大丈夫、と未練なく本当に全てを捨てる覚悟だったのかも。
むしろ全てを投げ出してしまいたい誘惑に抗えないほどの極限状態だったし。もう何もかも見ろって叫んでたし。
もう・・・ほんとにね、薪さんはね、そろそろ幸せになっていいと思うんです・・・。
   
この記事のURL | 秘密 | CM | TB | ▲ top
065.「嵐」
2017/06/18(Sun)
過去最高に自己満足だけで書いた青薪話です。
無駄に長いです。前フリも長い。
終盤少しだけ青薪いちゃこらしてる程度です。
終始ふざけて書いてたので全然甘くなくて何か乾いてる。
■コチラ■


青薪は最初、書きたい!っていうよりは、想いと萌えが溢れすぎてどうしようもなくって、自分の中で発散・消化するためにとりあえず書き出した感じです。
捏造の二次創作といえど、一応、原作の絵や性格を思い浮かべながら、薪さんなら・青木なら、こういうセリフ回しかなと真面目に考えながら書いてます、今のところ。
あくまで自分の中でのイメージだけど。

それに、今はもう本編での儚い高校生みたいな薪さんじゃなくて、season0での薪さんを脳裏に描いてしまう。
だからわたしが書く薪さんは、基本的にデレなくて大人な上司で、青木は薪さんにとことん優しくて真面目でバカですぐ泣く感じ。
絵とか漫画なら、自然に性格改変というか人格崩壊しそうだけど、小説はそこらへん真面目に考えてしまう。

ひとさまの青薪小説を読む時も自分で書く時も、まずは原作絵を思い浮かべるんですけど。
薪さんが、どの薪さんを思い浮かべればいいかいつも迷う。
本編での薪さんは、線が細くて高校生か美少女かって感じだけど、12巻からseason0にかけての薪さんは比較的大人な印象だし、少し顔ふっくらして健康そうだし。
どの薪さんの顔を思い浮かべるかによって、印象がかなり違ってくるわけで。
だって本編中でも、巻によって、話によって、けっこう顔(と髪型)違いますよね・・・。
 
この記事のURL | カップリング創作好きに100のお題 | CM | TB | ▲ top
068.「彼の恋人」 
2017/06/17(Sat)
6/12が「恋人の日」だと当日の朝に知り、このネタで青薪書きたいーと思ったけど結局書けたのは週末。
相変わらずゆるいSSです。
青木を苛める薪さんと、薪さんに苛められる青木を書くのが好きなのだと最近気づきました。
だから自分が書く二人は、こんなんばっかりなんや・・・。
■コチラ■

気が付けば青薪小説を10個も書いている。
最初は、「秘密」のあの世界観を穢したくないし、自分が薪さんを書くなんて恐れ多いし、事件捜査の話なんて難しくて書けないし、そもそも男同士の話なんて考えたこともないので何をどこからどうしたらいいのかパニクってました。
しかし開き直って色々捏造したら書けるもんですね。
この記事のURL | カップリング創作好きに100のお題 | CM | TB | ▲ top
3ヶ月目。
2017/06/10(Sat)
今年、一年ぶりにこのブログ更新した時に拍手機能をつけてみたのですが。
ぽちぽち拍手ボタン押してくださってる方がいらっしゃって(100のお題ブログの方も)、ありがとうございます・・・。

秘密沼に嵌って約3ヶ月。
めっちゃ濃い怒涛の3ヶ月でした・・・。
ありとあらゆるものを主にネットで漁って見まくって自分も書いたりして一気に駆け抜けたので、今になって反動なのか疲労が・・・。

オークリや景梓の時はニヨニヨとキャッキャウフフ的な可愛い萌えだったけど、青薪は苦しくて狂おしくて胸しめつけられる感じの胸キュンで、全然違う。

つきつめてしまえば、薪さんが幸せなら相手は青木じゃなくてもいい。かも。
だから、もしも、清水先生が嘘じゃなくて真面目に本気で「薪さんが青木を大切に思う気持ちは最初から人間愛であって、性的な意味は一切含まれません」と明言公言されたならば、さーっと青薪熱が冷めてしまう可能性が無きにしも非ず。
薪さんが青木とのそういう関係を望まないのであれば、そんな二次創作を見たり書いたりする必要もなくなるかもなあと思う。

これは同じことをDクラの景ちゃんにも思った。
景ちゃんが必要とするなら、梓じゃなくても女王でも水原でも誰でもいいって。
これはアレですよ読んだ人ならわかるけど梓ちゃんが酷いことをしたから。
それでも彼女を許して、一途に想い続ける景ちゃんが切ない。
でもオークリは、本人たちの想い人が他にいたとしても、それでもこの二人にくっついてほしいという気持ちが強い。
だから青薪に対する気持ちとは種類が違うなあ。
薪さんといい景ちゃんといい、とにかく幸せを願う人は、もう誰とでもいいから幸せになってくださいという感じです。

この記事のURL | 秘密 | CM | TB | ▲ top
064.「stay with me」
2017/06/09(Fri)
本日6月9日のストロベリームーンネタで青薪SS→■コチラ■
第九時代に付き合ってる二人な感じで。
人目のある屋外でいちゃこらできないので、いつにもまして健全な話になってしまった。

苺月が別名「恋を叶えてくれる月」と聞いた瞬間に青薪を思い浮かべて萌える程度には罹患中です。
このネタで青薪書きたい(本当は他人様の苺月ネタ青薪が見たいけど供給あるか分からない)と思い立って書き始めてみたら書けた即席SS。
「月が綺麗ですね」って、ある意味高学歴トークだと思います。東大卒の二人なら通じるはず。

今、我が家から見える満月は普通に黄色いです・・・。
 
この記事のURL | カップリング創作好きに100のお題 | CM | TB | ▲ top
もやもや。
2017/06/04(Sun)
「不幸比べをして生きているわけじゃない」って、薪さんに言われたら、ぐうの音も出ない。
これを言える薪さんが凄すぎて涙が出る。
改めて、薪さんと青木の強さには頭が下がります。
世の凡人たちは不幸比べしながら生きてる人多いから・・・。


秘密関連のワードで検索しても、この壁打ちブログが出てこないのは別にいいんですけど
(もしかしたら検索結果の100ページ目ぐらいには出てるのかも知れない)
ということは、じゃあまだ世の中には、検索結果に容易に表示されないから見たことない秘密ファンブログとか青薪二次創作が存在するのでは?
どうしたら見つけられる?とモヤモヤしてます。
頼りにならないなあグーグル先生。
 
この記事のURL | 秘密 | CM | TB | ▲ top
香坂さんかっこいい。
2017/05/29(Mon)
「小さな巨人」見てます。
山田くん(岡田くん)は香坂さん(長谷川博己)のことを好きなの?嫌いなの?どっちでもなく利用できればいいの?
まあ好意で協力してるようには見えないけど、それにしても山田くんは香坂さんと職場違うくせに常に一緒すぎて笑ってたら同じ職場になってて笑う。
やっぱり香坂さんが本当に中身がカッコよくて薪さんを重ねてしまう。
香坂さんから「ちゃんと聞くから」てセリフが出た時は挙動不振になりました。薪さん・・・!
そして段々と岡田くんが青木に見えてくる不思議。
香坂さんの奥さんみたいな人が、妻すみれとして薪さんの側にいてくれたら良かったのにと思う。

 
この記事のURL | 秘密 | CM | TB | ▲ top
しんどい。
2017/05/27(Sat)
持ちうる限りのネタと文章力を青薪に尽くして駆け抜けた5月でした。
もうネタ切れ。

うちの猫(普通の三毛猫)に毎日のように薪さんを感じて萌えてしまうこの脳をどうしたらいい。
だって薪さんて猫っぽいから。
いや猫が薪さんっぽいのか。
人の都合など気にせずしれっと当然のように膝に乗ってくる猫を見て、ソファで寛いでる青木の膝に突然しれっと座って読書とか始める薪さんにドキマギする青木を妄想せざるを得ない。
膝に乗った猫さまは、人間が余所見してると必ず「こっち見ろ。構え」とばかりに胸元から口元まで登りついてくるんですが、これ青木の膝に乗った薪さんがやったら萌えませんかわたしは萌えて倒れそうです。

薪さんしんどい病は少しマシになったけど、今度は青薪がしんどい。
こんなにしんどいことって、ある?ってぐらい、しんどい。
胸がきゅんと締めつけられて苦しい。
ああ、こういうのを尊いって言うんだ、しんどいって言うんだ、と初めて身をもって知った。

GW中に本棚整理した時、ついDクラッカーズの最終巻を手にとり読みふけってしまい。
「君が、目を閉じろ」のくだりを青薪で想像したら萌え死にそうやばい。
薪さん言いそう似合いそう。言ってほしい。
青薪を抜きにしても、景梓はいいぞ。

 
この記事のURL | 秘密 | CM | TB | ▲ top
| メイン | 次ページ