065.「嵐」
2017/06/18(Sun)
過去最高に自己満足だけで書いた青薪話です。
無駄に長いです。前フリも長い。
終盤少しだけ青薪いちゃこらしてる程度です。
終始ふざけて書いてたので全然甘くなくて何か乾いてる。
■コチラ■


青薪は最初、書きたい!っていうよりは、想いと萌えが溢れすぎてどうしようもなくって、自分の中で発散・消化するためにとりあえず書き出した感じです。
捏造の二次創作といえど、一応、原作の絵や性格を思い浮かべながら、薪さんなら・青木なら、こういうセリフ回しかなと真面目に考えながら書いてます、今のところ。
あくまで自分の中でのイメージだけど。

それに、今はもう本編での儚い高校生みたいな薪さんじゃなくて、season0での薪さんを脳裏に描いてしまう。
だからわたしが書く薪さんは、基本的にデレなくて大人な上司で、青木は薪さんにとことん優しくて真面目でバカですぐ泣く感じ。
絵とか漫画なら、自然に性格改変というか人格崩壊しそうだけど、小説はそこらへん真面目に考えてしまう。

ひとさまの青薪小説を読む時も自分で書く時も、まずは原作絵を思い浮かべるんですけど。
薪さんが、どの薪さんを思い浮かべればいいかいつも迷う。
本編での薪さんは、線が細くて高校生か美少女かって感じだけど、12巻からseason0にかけての薪さんは比較的大人な印象だし、少し顔ふっくらして健康そうだし。
どの薪さんの顔を思い浮かべるかによって、印象がかなり違ってくるわけで。
だって本編中でも、巻によって、話によって、けっこう顔(と髪型)違いますよね・・・。
 
この記事のURL | カップリング創作好きに100のお題 | CM | TB | ▲ top
068.「彼の恋人」 
2017/06/17(Sat)
6/12が「恋人の日」だと当日の朝に知り、このネタで青薪書きたいーと思ったけど結局書けたのは週末。
相変わらずゆるいSSです。
青木を苛める薪さんと、薪さんに苛められる青木を書くのが好きなのだと最近気づきました。
だから自分が書く二人は、こんなんばっかりなんや・・・。
■コチラ■

気が付けば青薪小説を10個も書いている。
最初は、「秘密」のあの世界観を穢したくないし、自分が薪さんを書くなんて恐れ多いし、事件捜査の話なんて難しくて書けないし、そもそも男同士の話なんて考えたこともないので何をどこからどうしたらいいのかパニクってました。
しかし開き直って色々捏造したら書けるもんですね。
この記事のURL | カップリング創作好きに100のお題 | CM | TB | ▲ top
064.「stay with me」
2017/06/09(Fri)
本日6月9日のストロベリームーンネタで青薪SS→■コチラ■
第九時代に付き合ってる二人な感じで。
人目のある屋外でいちゃこらできないので、いつにもまして健全な話になってしまった。

苺月が別名「恋を叶えてくれる月」と聞いた瞬間に青薪を思い浮かべて萌える程度には罹患中です。
このネタで青薪書きたい(本当は他人様の苺月ネタ青薪が見たいけど供給あるか分からない)と思い立って書き始めてみたら書けた即席SS。
「月が綺麗ですね」って、ある意味高学歴トークだと思います。東大卒の二人なら通じるはず。

今、我が家から見える満月は普通に黄色いです・・・。
 
この記事のURL | カップリング創作好きに100のお題 | CM | TB | ▲ top
077.「ひゃくまんつぶの涙」
2017/05/25(Thu)
青薪小説です。→ ■コチラ■

色気のないピロートーク話。
10年間放棄してた100のお題を、青薪のおかげで数個消化できたのでオタクの萌えの力ってすごい…。

メロディ6月号をメッチャ見ながら初めて青木と薪さんを書いてみて分かったこと。
・薪さんの髪の美しさと繊細な書き込みがすごい
 (知ってたけど改めてすごい)
・薪さん意外と肩幅ひろい
・青木の頭(髪型)どうなってんの
・青木の頭は四角い
・青木の目の小ささ…
・青木は眉と目の間がとても狭い
・青木の眼鏡が超シンプルで素人でも書きやすい
つまり絵を描ける人って凄い。
この記事のURL | カップリング創作好きに100のお題 | CM | TB | ▲ top
082.「月明り」
2017/05/20(Sat)
まだ書けた青薪小説。
第九時代のSSです。→■コチラ■

「秘密」の二次創作小説を初めて書いた時、薪さんの瞳の色って何色と表現すべきかと、ネットで調べました。
色見本も見比べて、そしたら琥珀色が一番当てはまるなあと思って。
そもそも原作でも様々な色を使われてますけど。
薄茶だったり、金茶だったり、薄い栗色っぽかったり亜麻色っぽかったり。
あと、髪の色もけっこう謎。
原作のモノクロ薪さんは髪の書き込みが細かいので金髪に思える時がある。
いっそアニメ版の色を信じたらいいのだろうか。

この記事のURL | カップリング創作好きに100のお題 | CM | TB | ▲ top
028.「キャンディ」
2017/05/06(Sat)
また青薪→■コチラ■
GWが終わってしまうのでもう青薪小説はこれで打ち止めです多分。
100のお題とブログ分けなければ良かったと今更思う。めんどくさい。


ところで10年以上ぶりにトレペを引っ張り出してきてメロディ6月号の薪さんをトレスしてみたところ、トレペを使ったところで清水先生の絵は難しくて早速挫折。
過去に真似たことのあるどの絵とも違うタイプの絵で、特に髪が、薪さんの髪どうなってんの、この髪どう書いてんの清水先生!?ってパニクるぐらい、髪の繊細な書き込みがすごい。
どこが間引いた線ですか。さらにメロディ厚いから書きにくい。
しかも線をなぞるのがドヘタクソなので、漫勉で清水先生が下書き線を正確になぞってペン入れされるのを信じられない気持ちで見てました。

この記事のURL | カップリング創作好きに100のお題 | CM | TB | ▲ top
083.「鼓動が限界」
2017/05/05(Fri)
原作の青薪が本当にくっついたら、青木こんな鬱陶しいカルガモみたいになりそう(そして薪さんはデレない)という妄想の青薪小説。
■コチラ■


先入観を捨てて「秘密」を読み返してみると、青木の青木っぷりが凄い。

上司(同性で10以上年上で特に親しいわけでもなくて警察の上から何番目かに偉い人)に、新米部下が、そんなことする!?

っていう行動が目に余る(今更)。

架空の漫画の話とはいえ、それにしても。
現実ならドン引かれてコイツヤバイと避けられて即異動ではないですか。

まあ色々やらかしてる中で、特筆すべきは、ほんと今更だけどやっぱり7巻と12巻。
普通、男が男の上司の両手をあんなにギュって握る?
生死がかかった場面とはいえ、上司をあんなに抱きしめて好きです言える?
上司に、あんな手紙書く?

「仕事が終わってから、次の日仕事に行くまでの間、一緒にいられないかと」
って一文を読んだ時には、嬉しいと同時に、
!? 何、なに言ってんのこの人。なに言ってんの。と思いました。

しょせん顔か。薪さんの顔のせいか。
相手が岡部さんでも、普通のおっさん上司でも、同じ場面で同じことしたかね?と問いたい。

青木が手紙の返事を待つのはいいとしても、返事の内容が「NO」である可能性も一応覚悟してるのかが気になります。
誰だってOKの返事を期待して手紙を出すものだけど、あの非常識に前向き男は、まさかあの薪さんから高確率でOKを貰えるとか信じてたらおめでたすぎて涙が出ます。
きみ薪さんのことまだ全然わかってない・・・。
かくいう読者も、12巻で一旦完結した時は、二人は今後家族のようになっていくのかもと、ぼんやりとでも思ったと思うんですけどね。
まさか「手紙?読んでない」とか「内容ここで言え」とか酷い仕打ちの展開になるとは誰が予想したでしょうか。
この記事のURL | カップリング創作好きに100のお題 | CM | TB | ▲ top
094.「気まぐれな熱情」
2017/05/02(Tue)
毎回、もうこれでネタ切れ、もうこれで最後かも、と思いながら
書いてる青薪小説。
どうせならドヘタクソって言わせたかった。
妄想して書ける時間があるGW万歳。
■コチラ■


絵が描けない自分が薪さんを描きたかったら
トレスするしかないんですけど、トレスってみんな
どうやってるの・・・?
元絵をスキャンしてレイヤー重ねて上からなぞる?
我が家にペンタブもスキャナも無いので
アナログにトレペで頑張るか・・・。

この記事のURL | カップリング創作好きに100のお題 | CM | TB | ▲ top
| メイン | 次ページ