「白暮のクロニクル」
2017/08/12(Sat)

hakubo.jpg


「白暮のクロニクル」全11巻を大人買い。
いつだったか電子無料お試しで3巻ぐらいまで読んだっきりで、すごく面白かったし好みだったので気になってました。
最近ふと検索したところ最終回を迎えたそうで絶賛ツイートばかり出てくるので、めちゃくちゃ気になって我慢できずに大人買い。
ちょっとネタバレ混みの感想です。

一気に全巻、夢中になって読みふけって見事にはまりました。おもしろすぎる。傑作すぎる。
最初から最後まで、面白さと安定感が全く失速しないのがすごい。
1巻からずっと、この世界観に引き込まれっぱなし。
すべて読み終えた後、様々な理由から絶対に再び1巻から読み返したくなる。
あと、装丁デザインが素敵で好きです。
表紙と、裏表紙と、表紙カバーをはずした中表紙?の、3コマ漫画みたいなイラストも大好き。

ゆうき作品は初めて読んだけど(パトレイバーとかバーディとかアニメは見ても原作漫画は未読)、さすがに何もかもが上手くて見事すぎて読みやすくて、上手いなあさすが大御所は違うなあと感心しきり。
純粋に漫画としてすごく面白くて見事で、キャラクターが個性的で魅力的で、引き込まれずにいられない。
テンポがよくて、セリフも小難しい説明が並ぶわりには不思議と読みやすくて理解しやすく、するっと頭に入ってくる。
無駄がなくて脚本が上手いというか、言葉選びと言葉運びが巧みなのかな。

起こる事件は容赦ないし、重くて暗くて凄惨な話でもあるのだけど、作品の雰囲気が軽くてゆるくて温かみがあり、悲壮感が濃くない。
この絵柄と、この独特の雰囲気とキャラの性格のおかげでドシリアスになりきらず暗くなりすぎず、ユーモラスでまったりテイストになってて、あれだけ凄惨なシーンがありながらも読後感が嫌じゃないし繰り返し読みたくなる。不思議。
おっさんが魅力的で活躍する作品は総じておもしろいです。


主人公2人が青薪っぽいなと思うところがあったので余計に気になってたんですが、全巻読んだ結果、さほど似ていなかった・・・。
こっちは上司部下じゃないからまあ対等な関係だし、キャラ立ちすぎなので青薪を重ねる隙がないというか。
でも似てて重なる部分もあり、もし青木が女の子だったらこんな感じなのかなぁとは思ってしまう(しつこい

雪村さんは、薪さんに負けないぐらい辛い過去を持ちながらも、薪さんほどの切なさや悲愴さがあまり感じられない。
そもそもの性格が違うし現在の彼は基本飄々として、よく喋りよく笑うから。
それに薪さんあんなに口悪くないし、あんなに感情表現豊かじゃないし。
でも、雪村さんのふとした表情が薪さんっぽいなあと思うところもあり。
薪さんも雪村さんも、可愛いさとカッコよさをあわせ持った人ですよ。
雪村さんの衣装全般を薪さんに着せたい。特に羊を。

秘密と白クロは、猟奇殺人事件を扱ってるという点でも少しは似てるんですが、
「主人公が小さくて賢くて整った顔で実年齢より若く見えて、意地悪で人使い荒くて偉そうで偏屈で、過去に亡くした想い人を忘れられず、もう一人の主人公がその想い人と似てて長身で天然お人好しで、二人の身長差と年齢差が大きくて、仮に想い合ったとしても簡単には一緒になれない間柄」ってところは似てるなと思うわけで。

最終話の1ページ目と2ページ目の間には、いくらでも妄想と創作の余地があると思うのでスピンオフ書いてください・・・。
二次創作も読みたい・・・自分で書けるもんなら書くけど無理です・・・。
今のわたしは青薪以上に雪伏に飢えている・・・。

ところで最終話の、あの子の眉毛ばかりフォーカスされてるけど、あの歯も遺伝じゃないんですか。
それとも、どっちにも取れるミスリードですか。
苗字変わってないのも、オキナガの生殖能力について書かれてないのもミスリードですか。
最終回の感想記事とかで、あの歯に言及してる人が僅少なのは、敢えてのスルーなのか気づいてないのか、世論的には気に留めるほどではない普通の歯なのか何なのか気になって悶々とする。
あの子の祖父が彼であったとしても、それでも二人は共に生きることを選ばなかった、選べなかった?わけで。
ああ切ない・・・ああ・・・。
 
この記事のURL | | CM | TB | ▲ top
「ダーリン。」
2011/09/24(Sat)
darlin.jpg


「メテオ・メトセラ」の同人誌、「ダーリン。」+おまけのミニイラスト集。
今回も通販していただけて、ありがたかったです。

ユカが、あの二人の子供として生まれてきたら・・・と、読者の誰もが一度は妄想したことがあると思います。
だがしかし、・・・・・・そうか、それは無理ですね却下ですね。
それにしてもレインの思考回路は斜め上をいく。

レインは、600年以上生きて、あれだけ様々な目に遭いながらも、何故これほどピュアでいられるのか不思議です。
24歳どころか、17歳ぐらいの純粋さですよ。
某魔王なんて、5年程度で別人のようにやさぐれてしまったというのに。

メトセラの皆に会えるのも、これが最後かーと思うと寂しいです。
まだ尾崎先生の次回作を待たず、メトセラの余韻に浸っていたい気分。
この記事のURL | | CM | TB | ▲ top
「メテオ・メトセラ 11」
2011/06/12(Sun)
メテオ・メトセラ (11) (ウィングス・コミックス)メテオ・メトセラ (11) (ウィングス・コミックス)
(2011/05/25)
尾崎 かおり

商品詳細を見る


連載開始からずっとリアルタイムで追いかけてきた作品が、完結しました。
13年間。短いようで、長かったなあ。
連載中、気持ちは失速することなく、ずっと大好きでした。


レインが、マチカと共に幸せに暮らす結末なんて、もしかするとあり得ないのかも。と思っていました。
だから、この最終回は、とても嬉しかった。

最後に描かれた二人の生活が、あまりにも自分の予想(妄想)どおりすぎて萌えました。
マチカの予言どおり(そして大方の読者の予想通り)人間に戻ったとたん犬を庇って車(バイク)に轢かれるあたり、あの人ほんとに長生きできるか心配です。
マチカは毎日、レインが買い物から帰ってくるたびに飛びつくんでしょうか。バカップルめ。
冷静に考えると、ものすごい年の差&身長差。

7巻ぐらいまでは、ユカのことは敵としか思っていませんでした。
彼の過去・事情が明かされても、全然好きにはならなかった。
けれど、ユカがマチカと共闘し、本当の心情を吐露しだしたあたりから、彼にも救いのある結末を求めるようになりました。
そしてユカの着地点と未来も、救いのあるもので良かった。
今度は、幸せになってね。と願います。

マンガを読むというより、アニメか映画を見ているような感覚になる作品です。
絵も、コマ割りも、コマごとの絵の流れも、本当にとても上手い作家さんです。
もっと有名になってもいいと思うんだけどな。
この記事のURL | | CM | TB | ▲ top
復活!
2011/03/02(Wed)
「魔術士オーフェン」新シリーズが始動するそうです。
http://gigazine.net/news/20110301_sorcerous_stabber_orphen_new_series/

いてもたってもいられずブログ更新してしまうぐらいの衝撃。
マジですかマジですか!!秋まで頑張って生きるよ!
でも、後日談の後日談ではなく、後日談より前の話が読みたいのが本音です。
秋田BOXを読んで、自分は子供世代より親世代の物語が好きなんだなと、しみじみ思いましたので。
また草河さんが描くオーフェンキャラが見れることが、めちゃくちゃ嬉しい。
エッジは女版オーフェンて感じですね。マジクは何となく想像通り。
子供たちだけじゃなく、ぜひとも親たちのイラストも書いてくだされ。
この記事のURL | | CM | TB | ▲ top
「ベティ・ザ・キッド」
2010/12/06(Mon)
ライトじゃないライトノベル上下巻を読了しました。おもしろかったー!
西部劇だと思っていたら、途中からSFホラーになってましたよ。
(ホラーは言いすぎかもですが、後半の展開は怖かった)
最低限の話数で最低限のことしか描かれていないけど、めちゃくちゃ密度の濃い、秋田節全開の作品でした。
イラスト担当の人の趣味なのか、やたらウィリアムとベティが密着してるイラストが多くて嬉しい限り。
以下ネタバレ感想です。

ベティ・ザ・キッド(上) (角川スニーカー文庫)ベティ・ザ・キッド(上) (角川スニーカー文庫)
(2010/08/31)
秋田 禎信

商品詳細を見る
ベティ・ザ・キッド(下) (角川スニーカー文庫)ベティ・ザ・キッド(下) (角川スニーカー文庫)
(2010/10/30)
秋田 禎信

商品詳細を見る

この記事のURL | | CM | TB | ▲ top
読むぞ。
2010/11/26(Fri)
突如、興味がわいたので買ってみました「ベティ・ザ・キッド」。
スニーカー文庫なのに厚いです。
上下巻を並べると、帯が「秋田禎信 迷わず殺せ」となるという。
西部劇といえばドクタークインしか見たことないです。

 betty.jpg
この記事のURL | | CM | TB | ▲ top
「・・・・・絶句」
2010/11/21(Sun)
先日、やっと「・・・・・絶句」新装版を見つけました。
予想はしてたけど、挿絵がありませんよ・・・。
上巻の書き下ろし短編「秋野信拓の屈託」は、最初「宮前さんて誰?」と思ってしまいました。
「屈託ない」という言葉はよく目にするけど、「屈託」をそのまま使っているものは初めて見たかも。
三人は仲良くやってるんですね、ご近所だしね。この中に、もとちゃんが混じる日はくるんでしょうか。
下巻の書き下ろし「すみっこのひとりごと」は、・・・「すみっこ」の飼い主が思い出せない。
すみっこが好きだから「すみっこ」という名前だと、どこかで見たような記憶があるんですが。
もとちゃんを自転車に乗せてくれたおじさんの娘さんの猫かな?
書き下ろしの内容次第で購入しようと思ってたんですが、一郎さんももとちゃんも出てこない書き下ろしなので、店頭でパラパラと立ち読みしただけ。
購入は迷ってます。宝くじ当たったら迷わず買う。

…絶句〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)…絶句〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/09)
新井 素子

商品詳細を見る
…絶句〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)…絶句〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/09)
新井 素子

商品詳細を見る
この記事のURL | | CM | TB | ▲ top
祝・再販。
2010/08/27(Fri)
新井素子さんの「・・・・・絶句」が、再販されるそうです。
嬉しさよりも先に、なぜ今頃!?という不思議さと驚きが先に立っちゃいますが。
なんと書き下ろしもあるそうで、後日談が描かれているならば欲しい!
とても影響を受けたし好きな作品ですが、読んだ当時は理解できない・ついていけないところがありました。
イラストは吾妻さんではなく別の方ですが、吾妻さんと少し似た丸っこい雰囲気の絵柄の方みたいなので、期待できそう。
とりあえず一郎さんのイラストを増やして下さい。
そして「星へ行く船」シリーズも再販されるそうで、こちらもなぜ今更。そしてやはりイラストが気になります。
ていうか再販よりも新作を・・・。
この記事のURL | | CM | TB | ▲ top
| メイン | 次ページ