初ゲット。
2011/10/09(Sun)
orphan03.jpg


3冊目にして、ようやく入手できましたオーフェン小冊子。
毎回毎回、私が行ける範囲に配布店が存在しないので、あきらめてました。
が、今回は配布日に、ちょうど配布店付近への出張が入ったのですよ。運命感じていいですか。

ネタバレ感想になりますが、

ゴンさんは丸くなったねえ!
わたしは、はぐれ旅本編(+キエサルヒマの終端)での、とんがった彼しか知りません。
プレオーフェンでは、また違った性格だったのかも知れませんが。
人間、トシとると丸く穏やかになるんでしょうか・・・。
この記事のURL | オーフェン | CM | TB | ▲ top
BOX到着!
2009/12/21(Mon)
本屋から秋田禎信BOX到着の連絡が来たと、家人が携帯メールをくれたので、会社帰りに引き取ってきました。
メールを見て「ああ、そうか、今日発売日かあ」と思いつつカレンダーを見ると、・・・発売日明日なんですね!?
田舎だから発売日より3日ほど遅れて届くだろうと腹をくくっていたのに!

段ボールで包まれたお箱さま。
akitabox1

段ボールの中には、こんなお箱さまが入っています。
akitabox2

まだ全く読んでいないのでネタバレのしようもないのですが、オーフェンの巻だけ、ぱらぱらっとめくってみました。
おお・・・挿絵が無いよ・・・。だからピンナップは全員集合なのか・・・。
汚れや日焼け防止のために、普段は段ボールに収納しておこうと思います。
この記事のURL | オーフェン | CM | TB | ▲ top
うわああああ!
2009/08/28(Fri)
akitabox

きたー!!
イラスト!短髪クリーオウ!きゃー!
草河さん仕事早い!
クリの凛々しい顔つきと瞳が、ちょっとミミコさんに重なります。
このイラストを見てテンション上がらないわけがない!ということで、でっかいバナー貼らせていただきます。
珍しくネット予約じゃなくて、通常の書店予約なんですね。
12月22日発売ということで、少し早いクリスマスプレゼントなんでしょうか秋田先生ありがとうございます。
函入り3巻セットで、この厚さで、草河さんの書下ろしイラスト入りで、ななせんえんは安いもんだ!
この記事のURL | オーフェン | CM | TB | ▲ top
終わった・・・
2009/04/05(Sun)
ここで終わりかあああああああああ。
ついに終わりを迎えてしまった不定期連載。
ここから何がどうなってラッツ誕生へ行き着くのか、そこは各々で妄想しろということですか。
渋い顔もせず、危険だから帰れとも言わず、あっさりクリーオウを受け入れてる魔王に、少しびっくりです。
ゴンさんのおかげで今のクリーオウの顔はちょっとヒドイことになってると思うのですが、そこに全く言及しない魔王にもびっくりです。
彼女がどんな経験をしてどんな思いでここまでやっと辿り着いたのかを聞かせてやりたい・・・!
復活したレキに乗って、大した苦労もせず楽々追っかけてきたんだろうとか甘っちょろい想像してたらお前・・・レキに踏みつぶされてしまえ。
ところでゴンさんは置いてけぼり決定なんですね。結局遺言も聞けずじまいだし気の毒。
この後日談の後日談を「秋田禎信BOX」に収録して下さい・・・。
この記事のURL | オーフェン | CM | TB | ▲ top
ついに!
2009/04/04(Sat)
再会!再会再会!会話!予想と全然違った!
ドラマティックな感動的再会シーンとはならなかったところが、「らしい」というか何というか。
予想に反して動じない魔王。もうちょっと驚け・・・。
「来たか」ってことは、予測してたんでしょうか魔王め。
今日の更新は5回ぐらい読み返してしまいました。にやにやが止まりません。思い出すだけでにやにやにや。
「笑い出すのを我慢して」というよりは、嬉しくて頬がゆるみそうになるのを堪えて、って感じに見えるんですが!もう魔王がクリにめろめろ甘々に見えるんですが!なんだあの堪らない雰囲気は!


話は変わって、久々にひこにゃんに癒されてきました。

  090404hiko.jpg

笠とか

  090404hikokasa.jpg

刀を振り回したりとか

  090404hikokatana.jpg

お星さまとか

  090404hikohosi.jpg

お花とか

  090404hikohana.jpg

いろんな小道具を、もちバッグに詰め込んできてくれたモチさん(多分、全部ファンからのプレゼント)。
今日もお客さんからおみやげ貰っていました。

小雨が降ってきたので、傘に入ってお帰りのモチさん。
この30分後には、どしゃ降りになりました。

  090404hikokaeri.jpg


彦根城下の桜は八分咲き?といったところ。

  2009sakura3.jpg   2009sakura4.jpg


ここからの、お堀に櫓が映っている景色が好きです。
ここは某ハウルの声の人の映画が撮影された場所でもあります。

  20090404_2.jpg

そして、人を見つけるとすぐ近寄ってくる黒鳥。
おいしいものあげられなくてごめん・・・!そんな目で見んな・・・!というぐらい、つぶらな瞳で見上げられて物凄い罪悪感に襲われました。

  20090404_3.jpg
この記事のURL | オーフェン | CM | TB | ▲ top
連休終了。
2009/01/05(Mon)
モツ鍋の不定期連載は午前0時に更新されるわけですが、自分が読むのはいつも夕方だったり夜だったり。
連休中は昼頃に読めたり(さすがに0時には無理)、いろいろと考えることができました。
ここまでくると、いっそう再会が待ち遠しいんですが、その瞬間の想像がつきません。
これだけの経験をして追いついてきた彼女を見て、どんな顔するんでしょあの男は。
新年から物騒な展開が続いてましたが、とりあえず危機回避できて一安心。もとから高くはないコルゴンの株が下がったり上がったり下がったりです。

また当分更新できない気がするので、空白埋めもかねて昔つくったオークリ小説を置いてみました。
多分ロッテーシャが登場するよりも前の平和な頃に書いたものです。
魚のホネという言葉が出てくるのは、オークリにしようかマンペルにしようか迷いながら書き始めたからです。
この記事のURL | オーフェン | CM | TB | ▲ top
考察したいよ。
2008/12/13(Sat)
この2か月でオーフェンサイトさんが新設されたり、休止状態だったオーフェンサイトさんが復活されたり、モツ鍋効果はすごいなあ!
その昔お世話になったオークリのWebRingを久しぶりに訪れてみたら、リニューアルされてて管理人さんお疲れ様です。

後日談のことを語られている所をいくつか巡ってみましたが、皆さんいろいろ考察されてて凄いなあ・・・。
帰宅後にその日の更新分を読んで、話の流れを把握するだけで精一杯です。しかも今月に入ってからは、毎日の更新分を流し読みするだけで精一杯。妄想する余裕もない・・・。
お正月休み中に、メモ帳にコピーして印刷して読み込みたいです。

余所様の感想を読んで、自分は、ひねくれた見方をし過ぎてたのかな、と思いました。
サルアのいう「あいつら」のことを、思い出す暇なんか今の魔王には無いんじゃないか、と思ってました。タイプライター叩いてる今ならともかく、サルアと再会してモツ出してた時は、本当にそれどころじゃなかったと思ったので。
でも、表面に出さないだけで本当は二人の事がずっと気になってたんでしょ、という認識の読者もおられて、そういう見方もあったのねーと。そこらへんの推察もできないぐらいに今は頭が全然回りません。
この記事のURL | オーフェン | CM | TB | ▲ top
衝撃の一文。
2008/11/25(Tue)
魔王がタイプライター。
サルアのスーツ姿も入籍も霞んでしまう、衝撃的な物凄い文章です。
タイプライターをバシバシ手のひらで叩いてる姿か、背中まるめて両肘ついて両手の人差し指でキーをぽちぽち押してる姿しか思い浮かびません。
でも真面目に冷静に考えてみると器用そうだしピアノ弾けるし、軽やかにブラインドタッチしてそうでもありますが。
いろんな爆弾が投下されてきた不定期連載ですが、爆弾の数と威力が衰える気配がありません。すごすぎる秋田先生・・・。

魔王はさておき、先週、京都でブラコメ観てきました。
2年ぐらい前に東京で一度観て以来です。
2階部屋が見たいので後方席にしようかとも考えましたが、舞台の照明が暗い時は前方席じゃないと見にくいかもと思い、結局、前を選んで最前列。
やっぱり2階のベッドあたりは全然見えませんでしたよ・・・。
登場人物が増えてきて、話が流れだしてきたらおもしろくなってきました。後半は笑えたしおもしろかったです。
せめて台詞を、もうちょっと現代風に、自然な口調にしてほしい。
荒川ブリンズリーは、クレアとソファに座って言い合いをする所が一番いきいきして見えました。これが彼の素なんだろうなあという感じで。
八重沢クレアがブリンの頭を叩く時、パッチーンと物凄い良い音が(笑) アレ思いっきり手加減なしで叩いてますよね。八重沢さんのおみ足が綺麗でした。あと濱田キャロルが細くておバカでブリン大好きで可愛かったです。
初めて停電になる瞬間に、ひるまず目を開けていられる役者さんは凄いと思いました。そりゃ眼精疲労にもなりますよ。
この記事のURL | オーフェン | CM | TB | ▲ top
| メイン | 次ページ