大阪キャッツ開幕!
2016/07/16(Sat)
  20160716_1.jpg

13年ぶりの「キャッツ」大阪公演が、本日開幕。
ということで初日チケットに当選できましたので行ってきました。
福岡以来(2年ぶり)の猫観劇。
自宅から大阪までは決して近距離ではないのですけど、この13年間の各公演地のことを考えると大阪なんてもう近いもんよ!

まんまと釣られてバッヂを2つ購入。
マンカスとグリドルでした。おお嬉しいー。

   20160716goods2.jpg

そしてマンペルのマスコットも購入。
ヒョウ柄のスカーフとか、ランペルのネックレスとか、意外と良く出来てます。

   manpe1.jpg     manpe2.jpg

明らかに演出が変わっててびっくりした箇所が多々ありましたが、なんせ2年ぶりなもので、一体いつから変わったのか、札幌からなのか今回大阪から変わったのかどうなのかと気になりながら見てました。
もっと他に変えるべきというか改善すべきところあるだろうよ・・・と思わずにいられない。

最後の飯田デュトの「猫からのごあいさつ」が、予想外に説得力がありまして、自分でも驚くぐらいに心に染みてきまして、終幕の歌として相応しいものを聞かせていただいたと、しみじみと感動しました。
近年は、この歌を「歌」として歌っているデュトさんが多かった気がします。
(まったく芝居を入れてない、心をこめてないという意味ではないですが)
でも飯田デュトは、今まで聞いたことないかもと思ってしまうぐらいの「芝居歌」で、すごく「言葉」「心」が伝わってきたんですよね。
今日の舞台で印象に残ったところは多々ありますが、これは最後の最後だったので特に印象に残りました。

瀧山ガスの顔メイクがものすごく凝ってる?というか濃くて、こんな濃いメイクのガスを見たのは初めてかもしれない。
目の周りをかなり黒く塗り囲ってて、その黒縁の中で白目をギョロっと動かすもんだから、しかも強面だから、怖い。

そして黒マキャが何だかグレートランパスキャットみたいになっていた・・・。
なぜだ。いつからだ。
文永マキャは動きキレッキレで、急に前方2回転宙返り決めるもんだからびっくらしました。

あと、ネーミング後の、ヴィクのソロダンスの後、ヴィクのペアダンスの相手がギルに変わってて、初っ端から結構衝撃を受けました。
玉井ギルはにこにことヴィクをエスコートしてて微笑ましかったけど、なぜコリコじゃなくてギルに。なぜ。

あとミストのマジックの腕前が異常に上達しすぎてて、あれもう悪魔の域だろうと思いました。


ちなみに今日のキャストです↓
   20160716cast2.png

この記事のURL | 観劇 | CM | TB | ▲ top
<<秘密のこと | メイン | 福岡キャッツ。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://rumple.blog22.fc2.com/tb.php/418-aeb7ffa7

| メイン |