秘密のこと
2017/04/15(Sat)
清水玲子さんの「秘密 -the top secret- 」に完全に落ちてしまって早1か月。
想いを持て余してどうしようもなくてこの放置ブログを更新してしまうほど、薪さんに心奪われてます。

完落ちした瞬間から、それまで夢中だった他のこと(劇団四季とか、ノートルダムの鐘とか、
ヴィクトルとかヴィク勇とか、ポケGOとか)がキレイサッパリ頭の中から消え去ってしまいました。

怖いの苦手で、グロも苦手で、耽美系もびーえるも苦手なわたしに
コミックス全巻(本編12冊+スピンオフ4冊+公式ガイドブック1冊)買わせた清水先生と薪さんの凄さよ。

発端は、「漫勉」の清水玲子さんの回。
もともと好きな漫画家さんだったので軽い気持ちで見たところ、
予想以上の絵と線の美しさと上手さと格の違いに呆然と見入る

  ↓

輝夜姫と秘密は少し読んだことあったので、まずは輝夜姫の結末が気になって
ぐぐってみる(秘密は怖くて苦手なのでスルー)

  ↓

秘密の電子書籍1巻が無料で、びびりながらも読んでみたら
こんなに何もかもが上手くて「有無を言わせず引き込み読ませる」漫画を
読んだのは久々で、ひたすら感嘆と興奮

  ↓

話の続きが気になるので、ネットで情報をあさりまくっていくうちに
気がついたら薪さんが好きになっている

 ↓

そこから転げ落ちるように短期間で急速急激に薪さん熱が燃え上がり
まさかの青薪熱まで燃え上がり、今に至る


おかげさまで生まれて初めて、腐な二次創作小説を読んでしまった。読んでしまった。
青薪に関しては不思議と拒絶反応は生まれず、むしろ萌えます。
薪さんが幸せならそれでいい。
この記事のURL | 秘密 | CM | TB | ▲ top
<<薪さんが好き。 | メイン | 大阪キャッツ開幕!>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://rumple.blog22.fc2.com/tb.php/419-5bdd9b6e

| メイン |