秘密読み返し中。
2017/05/01(Mon)
GWなので、「秘密」を1巻から順に読み返してます。
が、さすがにコレ一気読みは重い・・・。4巻の時点で疲れ気味。
薪さんの美しさと青木の優しさと時折入るコメディシーンがあるから読める作品かも。

まっさらな気持ちで読み返してみると、少なくとも2巻までは、薪さんから青木への矢印は出てないなあと。
気にはかけてますけど。既婚者設定がまだ生きてたせいかな。
4巻で、もう、読んでて胸が苦しい。
鈴木おまえ死んでる場合じゃないんだよ何とかしろよと思ってしまうんですけど。


全巻読み終わってから8巻のことを思い返した時、薪さんが会う予定だった人はカウンセリングの先生じゃないかと、ふと自然に一番に思い浮かびました。
これ結構真面目に、そうじゃないかと思ってるんですけど。
だって目隠し系の相手だとしたら、そこまで知ってる滝沢が尋常じゃなさすぎるし、薪さん隙ありすぎでしょう・・・。
この記事のURL | 秘密 | CM | TB | ▲ top
<<094.「気まぐれな熱情」 | メイン | 037.「わかっていると君は言う」>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://rumple.blog22.fc2.com/tb.php/428-7a29f091

| メイン |