「小さな巨人」
2017/05/06(Sat)
ドラマ「小さな巨人」見てます。すごくおもしろい。
ドラマ自体も面白いけど、岡田くんの存在のせいか何とも薪さんを感じてしまう警察ドラマなので、かなりドキドキ心ときめかせて見てしまう。
むしろ岡部さんがいた部署なんですけどね。岡部さん捜一似合う。
長谷川博己の凛々しい上司っぷりと的確な指示をテキパキ繰り出す姿と、正義を貫く姿勢にとても薪さんが重なるんです。マジで。

真面目な話、もしも原作で青木が薪さんに告白されたりキスされたら(※原作薪さんは死んでもそんなことしない)、絶対にイヤなはずないんですよ。
むしろすごく嬉しいんじゃないの。
まずは放心して、数秒後にハッと我に返って真っ赤になって、
オレも薪さん好きだけどそういう好きじゃないし・・・!どうしよう・・・!?あっでもすごく嬉しいんだけど・・・どうしたらいいんだオレ・・・!?って真剣にぐるぐる悩むんですよ頭かかえて赤面しながら。
もう薪さんの顔まともに見れなくて仕事手につかないんじゃないの。
この記事のURL | 秘密 | CM | TB | ▲ top
<<028.「キャンディ」 | メイン | 083.「鼓動が限界」>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://rumple.blog22.fc2.com/tb.php/431-370e9adb

| メイン |