語りたい。
2017/05/13(Sat)
何故こんなに青薪に萌え溺れるかと考えたら、要するに薪さんの幸せな姿を見たいからという結論に至る。
今の薪さんの幸せは青木と共にあると思うから、薪さんが愛する人に愛されて大切にされて甘やかされて幸せでいる姿を見たくて渇望しているんだと自己分析。
たぶん、青薪というより、幸せそうな薪さんに萌えて幸福に浸ってる。
鈴薪は、過去だし。今の薪さんの幸せじゃないから。
だから例えば原作で薪波多が成立して、青木を必要としなくなった薪さんが奴を海外にとばしても構わない(酷い)(ていうか薪さんそんなことしない)

秘密関連のブログとかツイとか拝見してると、皆さん口を揃えて「薪さんに幸せになってほしい」と仰ってて、もう例えようがない程に狂おしく共感すると同時に、薪さんどんだけ幸せ願われてるの・・・どんだけ幸せから遠い人なの・・・(;ω;)って胸しめつけられる。
再び幸せを感じるようになった現状で薪さん自身はもう満足してるかもだけど、読者というかわたしが求める幸せにはまだ遠いので二次創作に走るしかないという。

こんなに、ここまで胸が苦しくなるほど幸せを願って想いを募らせてしまう二次元の人はたぶん初めてです。
我ながらキモいけど語らずにはいられないけど大したこと語れてない。

 
この記事のURL | | CM | TB | ▲ top
<<082.「月明り」 | メイン | クリアファイル第二弾>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://rumple.blog22.fc2.com/tb.php/435-09b4374b

| メイン |