FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

052.「なんでもない日常」

2017/07/01
超ゆるい日常話の青薪話です→■コチラ■

色気を含む話を考えるのに疲れまして(←妄想できても文章力と表現力が追いつかない)
彼らだって四六時中欲情しっぱなしじゃないんだから、キスもハグもない熟年夫婦みたいな時間があってもいいじゃないと開き直って書いた話。

二次創作を一人称で書いてみると、その人物を自分がどんなふうに認識しているのかよく分かります。
ちょっとした深層心理診断みたい。
初めて薪さんの一人称で書いてみて分かったのは、薪さんて、男らしい人なんです。
純粋で優しくて正しくて真っすぐで、基本デレない意地っ張り。
でも青木を大切に思ってて青木に甘くて、心の中ではデレてる。そんな感じ。
結局は自分の中でのイメージだし、捏造も入ってるけど。
近頃、公式と二次創作の区別がつかなくなってきてやばい。


自分の書く話の文体は、根本的なとこで新井素子さんの影響を大きく受けてる気がします。
高校で新井作品に出会って、あの独特の口語体文章に何とも言えない魅力を感じて(大人になってから読むと若干むず痒さがあるけど)、影響というより半ば真似る感じで初めてオリジナル小説書いたなあと今思い出しました。

その数年後、初めて二次創作(オーフェン)書いてみたら書けたのも、いま青薪話を書けてるのも、元を辿れば新井さんに出会ったから。
でもオーフェンの影響も大きいです。特に台詞まわし。あれは真似したくなる。

ついでに絵は、一番最初に影響うけた(真似した)のは水沢めぐみさん。
首と襟と三つ編みの書き方は水沢さんのが基本形になってます。
最終的に今の絵は押上美猫さんの影響大きいです。
全然似てないけど。
もう長年書いてないから何も書けなくて影響どころじゃないけど。
 
23:02 カップリング創作好きに100のお題 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示