05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

語りたい 4

2017/07/15
うちの会社でもLGBT研修がありまして。
15分程度の研修中、ずっとヴィク勇と青薪のこと考えてました。考えちゃうでしょう。
アメリカやヨーロッパの一部では同性婚が認められてるとの説明を聞いて、もう青薪アメリカ移住して結婚すればいいのにと思ってるうちに研修終了。
YOIの優しい世界に比べたら、秘密はいろんな意味で地獄・・・。

一番最初の薪さんのイメージとしては、冷静沈着で自分の心を完全に上手に隠し通す人だと思ってたのに。
実際は、一応冷静だけどすぐ感情的になるし、想いダダ漏れでバレバレじゃないですか・・・なんて下手な人なの・・・かわいい・・・。
あの青木ですら、薪さんは俺に甘いって、少しは特別扱いされてるって自覚絶対あるし。
なのに、自分の不幸と辛さと悲しみ苦しみだけは見事に上手に隠しちゃうんだから、あの人・・・。

本編では、薪さんは青木への視線と想いをひた隠し、青木は何も気づかず能天気に危険行動したり雪子さんといちゃついたりで薪さんに心労かけまくってましたけど。
season0では、もう青木とは距離を置いて遠くから見守るスタンスで落ち着いてる薪さんと、薪さんに会いたくて傍にいたくて追いかけまくってる青木という、立場逆転みたいな印象が拭えません。
おまえ遅いんだよッ!
薪さんが諦めて吹っ切れて背を向けてからおまえが振り向いたって遅すぎるんだよッ!
まだしっかり自覚もって覚悟もって薪さんを捕まえることもできないくせに中途半端に追いかけてんじゃないよッ!

12巻で、「これから先、もう二度と薪さんと一緒に仕事できなくなるんだ」と悲観して覚悟してる青木を見るたび、数年後には結局また薪さんの部下になって一緒に仕事してるよ・・・と肩透かしをくらったような笑っちゃうような微妙な複雑な心境になります。
確かに第九時代みたいに一緒の職場で隣でモニター見れる環境じゃないけど、たまにスカイプ会議で顔見れるんだし、原罪でも可視光線でも増殖でもめっちゃ一緒に傍で仕事してるので、青木めちゃくちゃ嬉しいんじゃないの?と思ってしまう。

12:54 秘密 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示