「秘密」映画見ました。
2017/07/23(Sun)
そもそも昨夜の映画開始2分前に、突然の豪雨でWOWWOW受信不可能になり、20分後に復旧しました遅いんじゃー! ( ;∀;)
WOWWOWは雨に弱いって真実でした。怖い。

不幸中の幸いというか今日再放送があったので、そこで最初の20分間を補完。
雑な映画だなあ、というのが率直な感想です。
(キャストは全然悪くないんですよ一人下手な子いるけどそれも全部監督のせいなんですよ)
開始から15分経過まで、薪さん以外の主要人物の名前が一切出されずに話が進むって、どういうこと・・・?
なぜみんな、相手の名前を呼ばずに会話しだすの・・・?

とりあえず備忘録的な簡単な感想メモです。
最初の20分が見れなかったこともあり、さらにやはり原作と違いすぎてもうまともに集中できなくて、視聴中も見終わってからも意外と脱力感がハンパなくて、感想を書く気力もわかないという。
感想というより、ツッコミどころばかり浮かんでくる。
原作と比べずに頭の中まっさらな状態で2回目視聴してみようと思います。

薪さんも青木もスリーピースなので、早速そこから違和感。
いえ、お二人のスリーピースすごいかっこいいですけど。
さらに青木が途中で衣装替えをした結果、スーツが薪さんとお揃いに・・・(意図がわからない・・・)
とっくり防弾チョッキは百歩譲って仕方ないにしても、せめて薪さんはノータイにして?

なんか頼りないエグザイルみたいな人がいると思ったら、まさかの岡部さん役。
岡部さんも青木も、薪さんのことあまり尊敬も心配もしてなくて冷たくて泣ける。
薪さんのことを心から気にかけているのは雪子さん一人だけでした。
雪子さんは克洋くんを「克洋」呼びですが、ちゃんと「つよしくん」呼びだったのは嬉しかった。

そして「青木はこんなこと言わない&しない」っていうのが多すぎて。
青木が暗い。性格悪い。偉そう。子憎たらしい。優しさがない。笑顔がない。眉間にシワよせっぱなし。薪さんを好きじゃない。
メンタル不安定すぎて、原作のポジティブさを分けてあげたい。
この青木のことは、薪さんも雪子さんも好きにならないわ。
こんな生意気でネチネチと偉そうな口をきく青木にこそ、薪さんはビンタかますべき。
でも映画薪さんは冷静で怒らないし叩かない。
いやもう原作薪さんなら、この映画中で5回はビンタしてると思うよ。

アニメも映画も、なぜ揃いも揃って薪さんと青木の一人称を変える・・・。
どちらも、「MRI捜査」という設定や、清水先生が生み出して書き上げた特殊事件や登場人物の設定だけを借りて、その設定すら都合よく改変して自分好みの作品を作りたいだけという監督の願望が見え見えで、原作に対するリスペクトが微塵も感じられなくて、世の中には酷い人がいるなあという感想しか抱けない。
アニメも映画も、キャスト陣は全く悪くないどころか彼らの演技と魅力と努力のおかげで、何とか見れるものになってる。
自分に与えられた役割を、自分なりの解釈で全力で演じてくださってる。
悪いのは監督とか脚本ですよ。

これはハチクロドラマの森田先輩の時も似たようなこと思いました。
ドラマの森田先輩は要するに原作と別人で酷かったんですけど、でも演じる成宮くんが、彼なりの森田先輩をきちんと演じておられるのが分かって、だから成宮くんに対する怒りとか不満は全くありませんでした。
でも赤西みろくには怒りと呆れしか覚えなかった、と一生言い続けてしまうぐらい根に持ってます。
 
この記事のURL | 秘密 | CM | TB | ▲ top
<<マイノリティ妄想。 | メイン | WOWWOWってすばらしい。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://rumple.blog22.fc2.com/tb.php/463-973fc9b1

| メイン |