05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

「冬蝉」ACT.2 もうちょっと感想

2017/11/05
「冬蝉」2話を読み返すにつれ、薪さんのサービスショットに見惚れてしまうわけですが、それ以上に「すずきおまえ……」ってなります。
その後の青木も相当ひどいことしてますけど、それにしても今回の鈴木克洋はひどい。

彼は、まず最初に雪子さんを誘ったんでしょう、きっと。
雪子さんは反応悪くても、はっきり「行かない」と断りはしなかったのかも知れない。
で、あいつハレー彗星も知らなかったし全然興味ないし⇒雪子はダメだ⇒薪を誘おう。
って流れになったのだとしたら、なんて男だかつひろ……。

でも人影を見つけた鈴木さんが迷いなく「薪」と呼びかけたということは、来るなら雪子さんじゃなくて薪さんだって確信してたんだろうなあ。
「雪子が来てくれた!」っていうより、「ぼっちじゃなくて良かった!」的な喜び方に見えるのはわたしだけでしょうか。
この切ない思い出があそこでENDとなっては、あまりにもあんまりなので、次回以降でアフターフォロー入るって信じてます。
だけどあの男は「薪、おまえ結局こなかったな。待ってたのに」とか文句言いそう。
「行ったけど雪子さんがいたから邪魔しちゃ悪いと思って帰ったんだ!」って逆ギレて言い返してやれ薪さん。
でもきっと薪さんはそんなこと言わずに黙ってひとり傷つくんだ……( ;∀;)

今回は雪子さん別に悪くないと思うんです。
どちらかといえば逃げちゃった薪さんが悪いわけではないけど、逃げるところを見られてしまった運の悪さが全部悪いというか。
鈴木さんとしては、二人がブッキングしても、じゃあ三人で一緒に見ればいいやと思ってたんだろうな。
まあ世間一般的には、こういう場合、「じゃあ三人で」で行けるかも知れない。
でも、薪さん逃げちゃったから……( ;∀;)

そして、犯人を理詰めで容赦なく冷徹に追い詰める薪さんが、まさに薪さんでぞくぞくします。
そう、本編の頃の薪さんって、こんな感じで尖ってた。懐かしい。
帰国後の薪さんって大人になったなあと、しみじみ思います。
 
13:56 秘密 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示