01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

025.「ためらわない、迷わない」

2018/01/08
青薪話です⇒■コチラ■

第九時代に同棲してる設定な二人です。
もう今月はこれで打ち止めかなと。
あとは薪さんの誕生日に寄せた何かを上げることができれば。
 
11:27 カップリング創作好きに100のお題 | コメント(4) | トラックバック(0)

049.「薔薇の香水」

2018/01/04
青薪話です⇒■コチラ■

いつものごとく、ゆるいのんびりSSです。
少しだけ新年らしさを入れてみました。

明日から仕事始めでバタバタになるので、今のうちに上げておきます。
とりあえず1月から1個は上げられて良かったーと安心してます。
当然ながら書きやすいお題から消化しているため、残ってるお題は書きにくい(ネタが浮かばない、浮かんでも力量不足で書けない)ものばかりで、お先まっくらです( ;∀;)
 
19:08 カップリング創作好きに100のお題 | コメント(4) | トラックバック(0)

新年です。

2018/01/02
 
turu2018.jpeg


新年あけましておめでとうございます。
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。
そして今年こそは薪さんに幸せになっていただきたいと思います。

上の写真は、分かりにくいですが折り鶴です。
お正月用のおめでたい感じな、またも母作の折り紙でございます。


一応、今年の抱負は、100のお題を終わらせたい(すごく無理そう…)
そして、昨年は自発的にコメントしに行かない人間のブログにコメントをいただいて、すっごく嬉しいと同時にすっごく申し訳ない気持ちになってしまい、結果としてひとさまの優しさに甘えるだけで終わってしまったので。
今年は、いまだに黙って見ているだけのアチラコチラに勇気を出してコメントしたい…です。
もう何を言っても言い訳にしかならないんですけど、一度きっかけを逃してしまうと、「今さら何と書けば?」って停止してしまいます。
次のきっかけとして「来年になったら」「100のお題が消化できたら」(←何年後…?)と、どんどんドツボにはまって終了。

ウィットに富んだオシャレな(どんな…)コメントやお返事が書けたらいいのに、小中学生にも負けそうな言葉しか浮かんでこなくて、さらに真面目に考えてたらビジネスメールみたいになっちゃって、ああぁぁぁ( ;∀;)ってなります。
人見知りを通り越してコミュ障です。

最後に、余裕があれば、鈴薪話を書いてみたいです。
R話も書いてみたい。
頭の中では青薪がすごいことになってるんですよ(何言ってる?)
でも、アレやコレを文章に書き起こすとなると、どんな言葉や表現を使えば、露骨に下品にならずに上手く書けるのかサッパリです。
青薪に出会うまで、腐とは無縁のノーマル人生を歩んできたので、意外とハードルが高いです。
試しに脳内で文章を組み立ててみても、途中で笑っちゃって撃沈。
あと、どうしても理性が邪魔をする。
読むのと書くのは全然違いますねえ( ;∀;)
 
12:44 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

「冬蝉」ACT.3 もう少し感想。

2017/12/30
メロディ2月号に浮かれているうちに、今年も残り僅かとなりました。
昨日から年賀状作りと本格的な大掃除を開始して、すでに筋肉痛です( ;∀;)
今日は引き続き大掃除と、ホームベーカリーでの餅つき。
やわやわなお餅を丸めながら、「薪さんのほっぺもこれぐらい柔らかいのかしらウフフ」と思う自分がとてもキモい…。
明日も大忙しなので、これが今年最後の更新になります。

前回の「冬蝉ACT.3」感想は、1回ざっと読んだだけの状態で書いてました。
で、今日じっくりと2回ほど読み返してですね、薪さんの優しさとつらさに胸が引き裂かれる思いです…。
この人は、本当に、なんて正しくて真っすぐで優しくて、強い思いを持った人なんでしょう。
住田先生のことを思い遣りすぎです…もっと自分のことを思い遣ってください…。

でも、この一見非道にしか見えない薪さんの行動に隠された思いを理解できる人なんて、岡部さんと鈴木さんぐらいじゃないですか。(この時点での青木は、どこまでわかってるのかなぁ…)
この場で住田先生が、薪さんの気持ちを理解できたらエスパーですよ。人間じゃないよ。
だからやっぱり、青木が、青木が! 次回、行動を起こしてほしい!
住田先生に、薪さんの本当の思いを伝えるとか。
「俺はわかってますから」と薪さんに伝えるとか。
個人的希望としては、住田先生が薪さんの思いを知って、和解して、8巻の飲み会の後で薪さんが会う予定だった人は住田先生でしたとか、そういう展開お願いします。
でも清水先生だから、このまま後味悪く終わる可能性も大ですが。


今年は漫勉をきっかけに、清水玲子先生にはまり、秘密にはまり、薪さんにはまり、青薪にはまり。
秘密コミックス全巻を大人買いして
放置ブログを一年ぶりに更新して
二次小説を10年ぶりに書いてしまい
絵を10年以上ぶりに書く気になり(でも1回で終了)
メロディをフラゲまでして買うようになり
まさかの色々と人生が変わってしまった年でした。
ほとんど薪さんのせいです。

今年、この僻地のブログを訪れてくださった方、
拍手をくださった方、
コメントをくださった方、
本当にありがとうございました。
そうは見えないかも知れませんが小鳥遊はとても喜んで感謝しております( ;∀;)

来年も、お暇な時、ぶらりと立ち寄っていただけたら嬉しいです。
私は来年も、薪さんと青薪に狂わされ続ける予定です。
皆さまも、どうぞ良い年末年始をお過ごしくださいませ (・∀・)ノ

あと、つらつら書いていたら何だか長い自分語りになってしまったので、ちょっと畳みます。
 
>>続きを読む・・・
20:23 秘密 | コメント(4) | トラックバック(0)

「冬蝉」ACT.3 ネタバレ感想。

2017/12/27
今日は朝から吹雪で寒くてつらくてテンションだだ下がりでした( ;∀;)
夕方にはメロディ早売りを入手できて心ほこほこで帰ってきたら、再び吹雪。
そういえば公式で雪と薪さんの組み合わせって見たことない。

「冬蝉」は、個人的には、回を追うごとに深く、面白くなっていってます。
青木が活躍しなくても、青薪がなくても、こんなに面白い。
それは薪さんの魅力と、清水先生の見せ方・読ませ方が、やはりすごいのかなと。
明日は仕事納めで一層忙しくなりそうなので、今日のうちに感想メモを書き散らかしておきます。
自分が書かずにいられないだけです。
ネタバレです。

 
>>続きを読む・・・
23:54 秘密 | コメント(2) | トラックバック(0)

029.「ひまわりの笑顔」

2017/12/24
青薪話です⇒■コチラ■

本気で諦めていたけど、なんとか滑り込みで書けたクリスマス話です。
クリスマスなのに、ひまわり…。
もうSSと呼べないほど、中途半端に長くなりました。

とりあえず書けた!がんばった!ヽ(;∀;)ノ と自分で自分を褒める。
いったん諦めて気が楽になったら、意外と筆が進んで書けました。
ところで青薪を書き始めてからずっと気になってるのですが、眼鏡をかけたままどこまでやれるものなのか、どこから邪魔になるのか、眼鏡の人に詳細ヒアリングさせて頂きたいです。

ついでに。
一応クリスマスなので、それらしい画像をひとつ。
折り紙に凝りだした母が作った作品です。
最近の折り紙って進化してて、すごいんですよねえ。
薪さん器用そうだから、折り紙もあの美しい指でスッスッと素早く折って、きちんと素晴らしい作品を完成させそう。
舞ちゃんと一緒に折り紙してる薪さんなんて、どこに行ったら見れます…?

 origami.jpg
 
22:11 カップリング創作好きに100のお題 | コメント(2) | トラックバック(0)

若井先生かっこいい。

2017/12/23
今期ドラマで唯一見ていたのが「監獄のお姫さま」でした。
もう終わってしまいましたが、めちゃくちゃおもしろい。クドカン好きです。
特に、このドラマでの満島ひかりが、めちゃくちゃかっこいい。
薪さんが実在して、実際にあの綺麗な怖い顔で大声で怒鳴られて、キレッキレの正論で威圧されたらこんな感じかな、怖えぇ、って思ってました。

そしたら先日、「監獄のお姫さまの満島ひかりは薪剛を彷彿とさせる」という呟きをツイッター上で見かけまして。
容姿はそれほど似てるとは思ってなかったのに、言われて見比べてみると、確かに似てる…。
おかげで最終回の満島ひかりは薪剛にしか見えず、たまりませんでした…。

そう、薪さんはこんなふうにハキハキ喋るイメージなんですよ。
決して、あの映画のように低い声でぼそぼそした喋り方ではなく!
これぐらい歯切れよく高めの声で、キレ気味にSっ気全開で叱責してほしい。
本当に、「秘密」再実写化したら薪さん役は男装した満島ひかりでいいです。マジです。


そしてクリスマス話を書き始めてみたものの、やっぱり時間が足りなくて無理でした。
一応、青木が薪さんにクリスマスプレゼントを贈る話で。
薪さんは「ありがとう」って言うのか、少し悩みました。
だって薪さんが「ありがとう」なんて、相当な違和感と希少感で。
きちんと礼節を重んじる人だから、言っても不思議じゃないし変じゃないんですけど。
思い返してみても、薪さんが青木に「ありがとう」なんて言うのは「可視光線」で初めて見た気がします。
あっ普通に言うんだ、言えるんだ…って、びっくりしたのを覚えてます。
薪さんが…青木に素直にお礼言ってる…!!と悶えたのも覚えてます。
本編でも言ってたのかも知れませんが、思い出せないほどの希少すぎる台詞です。

メロディ2月号で新しい薪さんに会えるまで、あと5日。
フラゲ可能なら、あと4日待てば薪さんに会えるんですよ(*´Д`)ハァハァ
 
11:35 秘密 | コメント(0) | トラックバック(0)

038.「灰色の時間」

2017/12/16
青薪話です⇒■コチラ■

特に何も起こらない、ゆるい、ほのぼの小話です。
第九時代の二人で、薪さんが少しだけデレ気味です。
公式の薪さんも早く自分の気持ちに素直になってください。
薪さんが本気を出して誘惑すれば、「家族になってもいい」とか甘い言葉をチラつかせれば、今の青木ならば秒で陥落・篭絡されるはず。(そんなの薪さんじゃない……)

今回の小話を書いた時、薪さんは雨に良い思い出がないのかな、と気になりました。
だって鈴木さんが澤村さんに殺されかけた時も、鈴木さんの葬儀の日も雨だったし。
だからといって雨を嫌うようになるかは分からないし、それらしき描写もないんですけど。
そもそも「秘密」では、雨の描写がほとんど無いですしね。

クリスマス話を書いてみたいと思いつつも、無理そうで諦めました。
今月はもう、脳みそが力尽きてます。
 
19:20 カップリング創作好きに100のお題 | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »