05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

ニャバクラ体験。

2018/05/13
GW中に猫カフェへ行ってきました。
もふもふが恋しくて……撫でたくて愛でたくて(*´Д`)ハァハァ
猫カフェは、かなり前に一度だけ(その時は別の店へ)行ったことがあり、今回が人生二度目。

このお店の子たちは保護猫や譲り受けた子ばかりで、雑種の成猫ばかりです。
二階建てですが狭いワンルームマンションの一室のようで、猫カフェというより誰かの自宅にお邪魔した感じ。
猫たちは一階に6匹ぐらい、二階に6匹。行ったのAM10時過ぎなんですけど、ほぼ全員が寝てました。
さすが人馴れしてて、入室しても喋っても触っても微動だにせず。寝てるところを撫でまくっても、お腹や肉球さわっても知らん顔。
向こうから率先して愛想良く近寄ってきてくれる子は皆無でした……( ;∀;)
わかってた。猫だもの。
岩合さんだったら態度違うのかもな~。

残り時間5分となったところで、寝てた白猫が起きて(そこで初めて目が開いたのでオッドアイだと知る)、構ってほしそうに擦り寄ってきまして。ええ~なんなのもう~もっと早く来て~!?
うちの子も、人が暇な時には近づいてこないくせに用事のために腰を上げようかと思った瞬間に膝に乗ってくるのがお約束だったし(そして人は猫に時間を吸い取られ腰を痛めて終わる)、猫って何かそういうの感じ取るんでしょうか。

やっぱり雄猫は体が大きいんですよね。触り心地も硬くてしっかりしてて、うちの子と大違いでびっくり。
なかでも、この↓左側の二匹は特大でした。
 IMG_1863.jpg

ずっと寝てたから全身の観察はできなかったけど、この猫の体はどうなってんだ?と首をひねってしまうぐらいに大きさがおかしい。
この二匹は相当おっとりさんで、めちゃくちゃ仲良しで(でも兄弟ではない)ずーっとくっついて相手の体に顔をうずめて寝てました。
完全室内飼いだからか、良い匂いだし毛の白さが真っ白で綺麗!
見れば見るほど綺麗な毛並みで、大事にされてるんだねえと嬉しくなりました。

上の写真と同じ構図を反対側から。白猫は女の子なので普通サイズ。
 IMG_1864.jpg

久しぶりにもふもふ動物を撫でまわせて幸せでした(´∀`*)
「猫と遊びたい」というより、「猫のいる空間でまったり過ごしたい」という人向けのお店です。
家から遠いのでなかなか気軽には行けませんが、時間を持て余した時にまた行きたい。
 
18:51 日記 | コメント(2) | トラックバック(0)

008.「一目惚れ」 

2018/05/05
青薪話です⇒■コチラ■

二人がお菓子を食べてるだけの話です。
連休中に2つでも書けて良かった。

もひとつアップしたのですが、こちらは青薪ではありません。
ダリフラのヒロゼロです⇒■コチラ■
青薪が舞ちゃんに絵本を読んであげるベタなネタも考えましたが、ダリフラ13話と14話を見てしまった今、これはヒロとゼロツーのためのお題でしょう!と勢いのままに書いてしまいました。
このブログを訪問して下さる方には需要ないと思いますが書かずにいられなかった。完全に自己満足です。
興味とお時間のある方だけ見て頂ければ。

ダリフラ13話が、もう切なくて可愛くて泣きそうになり、完全に心を鷲掴まれまして。
さあ次回からはヒロとゼロツーのいちゃラブ展開だろ!とウキウキしてたところに、あの14話ですよ……こんな話を書きたくもなるよ……( ;∀;)
そしたら15話がアレだったので、今度こそ次回からバカップル展開を期待してます。
ゼロツーの一人称「ボク」とダーリン呼びの理由が……(´;ω;`)ウッ…
忘れたくなくて何度も血を舐める幼ゼロツーが、絵本を食べる幼ゼロツーが、ほんとに泣けたんです……。


*拍手コメくださった方へ*
 萌えてもらえて嬉しいです(*´꒳`*)
 匂わせ描写に留まりつつも、うちの青薪さんは常にお互いに夢中なんです、常に寝過ごすほどに。
 お好みに合いましたようで良かったです、ふふふ。

 
14:51 カップリング創作好きに100のお題 | コメント(8) | トラックバック(0)

020.「おそろい」  (と、御礼)

2018/05/01
青薪話です⇒■コチラ■

第九時代の青薪です。
特になんてことない話なのに、微妙に長くなりました。


前々々回の記事で「青薪Rを書きたいけど書けない」的なことを書きましたら、思いがけず何人かの方に『Rがあってもなくても書きたいように書いていいのよ』という優しく温かいコメントを頂きまして、驚きとありがたさに震えておりました。
ありがとうございます……( ;∀;)

あの記事はですね、ちょっとした昔話と言い訳と雑談のつもりでして。まさかそんな反応やお言葉を頂くとは露ほども思わず。
もしかして言葉足らずな所為で、今でも深く悩み続けてるように読めてしまうのでしょうか……まるで励ますように好き好きと言って頂いて、本当にもう、オロオロしてしまいました。
とてもとても嬉しく、少し自信が持てましたので、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました! <(_ _)>

だってねえ、こちとら女ですよ、男に抱かれてる男の気持ちなんて正直知らんがな( ;∀;)
ちなみに今現在は、メロディ6月号のインパクトが強大すぎて心が満たされすぎてしまい、創作意欲が無くなりぼーっとしています。公式が最大手……。
 
19:29 カップリング創作好きに100のお題 | コメント(4) | トラックバック(0)

「秘密 特別編」もう少しだけ感想。

2018/04/28
昨日の感想には書けなかったけど気になることについて。
ネタバレしてます。


薪さんの最後の台詞が、どちらの意味なのかが分からなくて、何度読み返して考えても(考えすぎると余計に)分からなくて、自分の読解力の無さにヘコんでいます。

最初は、「薪さんの口からそんな言葉を聞ける日がくるなんて、おかっ岡部さんっグッジョブ……!!」と思ったんです。
本当に、この人の口から、こんな言葉が出てくるなんて。
このとき私の胸に湧き上がった気持ちは、どんな言葉で表せばいいか分からないぐらいで。嬉しくて、ほっと安心して泣きそうでした。

……でも待てよ。この人が、そんな簡単にそんなこと言う?
(かなり疑ぐり深くなっております)
お母さんへのメッセージを見ながら微笑んで言ってるということは、お母さんは長生きするよって意味なんでしょうか。
どっちの意味にも取れるので、わからない……( ;∀;)

そして岡部さんは月曜日、滝汗かきながら薪さんに弁解するんでしょうか。それ波多野ちゃんの居ないところで話してね。
てか薪さん、岡部さんに返すのかな、タンスの肥やしにするのかな。めっちゃ気になります。
 
14:58 秘密 | コメント(0) | トラックバック(0)

メロディ2018年6月号 ネタバレ感想。

2018/04/28
メロディ6月号買いまして読めました。
なんかもう……清水先生ありがとうございます……(バタッ

いつもの如く、思いのたけを叫んでるだけのネタバレ感想です。
ちなみにコミックス7巻(冬蝉)は7/5発売だそうです。





 
>>続きを読む・・・
00:30 秘密 | コメント(2) | トラックバック(0)

これもひとつの一周年。

2018/04/24
初めて「秘密」の二次小説を書いてから、ちょうど一年が経ちます。
一年間で35個も書けたら、もう充分でしょう……?( ;∀;)
そりゃネタ切れにもワンパターンにもなりますよ(と自分を甘やかす)。

最初の頃は、拙いながらも素直な文章で書けていたなと思います。
今は、いろんなことを気にしてしまい変に格好つけたがってしまい、ぐだぐだになりがち。

青薪にハマって間もない頃、各所で青薪二次小説を拝見したところ、Rしか見当たらない……という印象だったんです。
そんな話を書くつもりは毛頭なく(今も書けてませんが)、「わかっていると君はいう」みたいな感じの普通の話しか考えていなかった私は「もしかして青薪話は、Rじゃなきゃ駄目という暗黙のルールがあるのか。あっさりほのぼのは駄目なのか」と悩んだ時期がありまして。
ピクシブへ数個投稿した後に、そういうことにハッと気づいたんですよ。
どうしよう、もしかして自分だけ浮いてる?空気読めてない?白い目で見られてる?って大変オロオロしました。

だから、そういう暗黙のルールみたいな周囲の目みたいなものを意識して、無理やり頑張ってキスシーンとか情事を匂わせる描写を多めに(←当社比)入れ始めたのでした。今では自ら好んでちゅっちゅさせてますけど。
Rを書いてみても、笑いと恥ずかしさと薪さんへの申し訳なさに苛まれて筆が全く進みません。どういうわけか青木への申し訳なさは皆無です。
結局、しばらく悩んだ結果、青薪で健全って逆にレアじゃね?貴重じゃね?って青木流ポジティブ思考でいくことにして現在に至ります。
(でもコンプレックスなので、それが大人な青薪Rを書かれる方になかなか話しかけられない理由でもあります)

そしてメロディ6月号は、27日に早売り入手できそうで楽しみです、ふふふ。
でも当日中に感想をアップできる自信がありません(連休前の最終日なので残業が……)ので、ご興味のある方は28日夕方に覗いていただければ時間を無駄にせずに済むかと思います……( ;∀;)
 
20:55 秘密 | コメント(8) | トラックバック(0)

086.「ドレスアップ」

2018/04/15
青薪話です⇒■コチラ■

これも結構タイトルこじつけですが、薪さんがドレスアップする話ではありません。私がそんな話を書けるわけないでしょう……。
「可視光線」から一年と数ヶ月後の設定です。
この話を書きながら、パーフェクトプロファイルとコミックスをめっちゃ見返しました。
パーフェクトプロファイル、とても役立ってます。


そして。拍手ボタンを設置して約一年ですが、このブログと100のお題ブログの拍手がほぼ同時期に300になりまして、合計600になりました。
拍手してくださった皆様、本当にありがとうございます。
とてもとても有り難く、励みになります。
もっと顔文字使いまくった方が感謝が伝わるのかな( ;∀;)

100と200を超えたのがいつだったのか覚えてないし知らないので(最低……)、300の時には気づきたいと思ってました。
試しに自分で拍手ボタンを押してみたら、そこで表示される拍手数と、管理画面で表示される拍手数には誤差があるんですよね。何でだろう。
ローペース更新の僻地ブログですが、これからも時々覗いてくだされば嬉しいです<(_ _)>
 
20:11 カップリング創作好きに100のお題 | コメント(7)

銀英伝が好きです。

2018/04/08
「銀河英雄伝説」、好きなんです。
原作を読んだのは遥か昔なので、細かな設定までは覚えてませんが、宝塚版を観に行った程度には好きなんです。
(河村隆一版も観たかったけど、チケット取りにくそうだったので諦めました)

で、銀英伝の新アニメ、1話は意外ときちんと作られてて安心しました。
ラインハルトとキルヒアイスが、やっぱり薪さんと青木または鈴木に重なります。腐的な意味ではなく、純粋な意味で。
二人の関係性や心の許し方は、どちらかと言えば「薪さんと鈴木さん」なんですけど、キルヒの人となりは青木なんですよね。
あっキルヒの身長は190cmなんですって!(*゚∀゚)=3

キルヒは、青木に負けないぐらい優しくて穏やかで温かい人なんです。
なのに新アニメのデザイン(顔)が……なんだか裏切りそうな冷たい風貌だし、瞳に優しさが皆無だし。何故この顔でOK出したのか関係者を問い詰めたい。
私はヤンが好きなので、帝国側は別に好きではないんですが、それでもキルヒの顔には納得がいかぬ……。

1話の初っ端からラインハルトの美しい睫毛のドアップが映って、薪さんを思い出してしまいました。
彼の美しい容姿と、頭脳明晰さ、周囲からのやっかみ、上に立つ者としての素養や厳しさ、自信に溢れた凛々しい立ち居振る舞いも薪さんを彷彿とさせます。すべてが似てるわけではないんですけど。
田中先生と清水先生は、容赦のなさでは互角かも。
薪さんは、ちゃんと青木と幸せになってね(´;ω;`)ウッ…
 
18:55 アニメ | コメント(0)
« Prev | HOME | Next »